元Marcoflyerはどこへ行く

これからはBA Executive Clubで旅を楽しみます!

「 キャセイ 」 一覧

cathay_old_logo

1979年、キャセイパシフィック航空 B747-200B の初就航路線は?

キャセイパシフィック航空では合計3タイプの旅客型B747ジャンボ(B747-200B/-300/-400)を保有していました。この中で最初期タイプといえるB747-200Bの運用開始年は1979年8月。世界の主要航空会社が1970年代前半にこぞって導入していたことを考えると、意外に遅い導入であることがわかります。

キャセイパシフィック航空がB747-200Bを初就航させた際の運航スケジュールが、routesonline.com (いつもネタを拾わせてもらっています!)に掲載されていたので、引用の上、記事にします。

Cathay-baggage-banner - 1

キャセイパシフィック航空の無料預け手荷物容量が引き上げに!(9/15発券分から)

重量制を採用している路線における、キャセイパシフィック航空利用時の無料預け手荷物容量が引き上げになりました。

ここ1年くらい、キャセイからのニュースはロクなものがなかったのですが、今回はDMの件名にもあるように、ちゃんと「Enhanced」されているようです。

CX-goodbye - 1

ついにこの日がやってきた!アジアマイルの残高がゼロに!!

2010年以来続けてきたマルコポーロクラブアカウント、ついにアジアマイルの残高が0になりました。だからどうしたって話なのですが、個人的には一つの節目であるよに感じますので、備忘録も兼ねて記事に。

CX-Mar-banner - 1

マリッジセグメントを理解して、繁忙期の航空券代金を節約しよう!

本日の記事は、航空券購入代金節約のTIPSネタです。取り上げるのは「マリッジセグメント」。

ベテラントラベラーの方にとっては「そんなん当然じゃーん!」という事柄かもしれませんが、世の中的には意外と知られていなかったりしますので、記事にしてみました。

CX-banner - 1

キャセイパシフィック航空利用時の最適な発券地は?(British Airways Executive Club会員向け)

ここ最近、キャセイパシフィック航空にはとんと有償搭乗していません。British Airways Executive Clubに宗旨替えしたとはいえ、ブログ名は元Marcoflyerですし、たまには乗らないとバチがあたるかな…?ということで、どの発券地が費用対効果良好か、調べてみました。

CX_next_chapter

キャセイパシフィック航空のオンライン予約システムが24時間近くダウン

「インボラアップグレードはキャセイの華」と先日の記事で書きましたが、キャセイパシフィック航空を利用する上で避けられないのが「WEBサイト不調」。

大体においては2-3時間も待てば復旧するのですが、昨日発生した障害は合計24時間近くにわたったようです。結果、今回のシステムトラブルは、香港屈指の英字紙であるSouth China Morning Post(南華早報)にも取り上げられてしまいました…

CXUPG - 1 (1)

キャセイパシフィック航空におけるインボラアップグレード

「火事と喧嘩は江戸の華」とよくいいますが、これに倣うと「インボラアップはCXの華」だと言えましょう。

元々購入したクラスよりも、上のクラスに案内されるインボラアップグレードはいつ貰っても嬉しいものです。今日は、キャセイパシフィック航空のインボラアップグレードの発生条件と、優先順位の通説、私&周囲の体験談をまとめた記事を投稿します。

BA World Traveler Plus

BAエグゼクティブクラブ ゴールド会員への道筋(2016.05現在)

本ブログの初回投稿記事でお披露目したように、今年はキャセイパシフィック航空のマルコポーロクラブでなく、ブリティッシュエアウェイズのエグゼクティブクラブで上級会員資格の獲得を目指しています。

他人の「修行」状況など、どうでも良いことの最たるな気もしますが、ここから先の皮算用を、備忘録代わりに書きまとめてみました。

B-HNL号@デンパサール空港

キャセイパシフィック航空 異端児フリートシリーズ② B777-200 B-HNL号

キャセイパシフィック航空には、面白い経歴をもった機体が何機か在籍しています。前回の記事で取り上げたB747-400 B-HKT号もそのうちの1機でしたが、さらに際物感漂うのがB777-200フリートの5号機であるB-HNL号。

好きな人にはたまらない、異端児飛行機を今回もご紹介します。

バンコクに着陸するB-HKT号

キャセイパシフィック航空 B747-400フリートの異端児 B-HKT号

キャセイパシフィック航空といえば、ロールスロイス・フリート。そのB747フリートの中に1機だけ異端児が紛れ込んでいます。今回の記事では、シンガポール航空からやってきた異端児、B-HKT号を取り上げます。