元Marcoflyerはどこへ行く

これからはBA Executive Clubで旅を楽しみます!

American Airlines Cathay Pacific (CX) Malaysia Airlines (MH)

アメリカン航空 AAdvantageがマイル購入キャンペーンを実施(6/30まで)

2016/11/26

AA-CPG-banner

アメリカン航空のマイレージプログラム AAdvantage がバイ・マイルのキャンペーンを始めました。今回のキャンペーンは基本購入単価が10%OFFになると同時に、購入マイル数に応じたボーナスマイルが付与される形式になっています。

今年後半のワンワールド特典旅行を検討されている方は、チェックしてみると良いと思います。

Sponsored Link



AAdvantage バイマイルキャンペーンの概要

AA-Campaign

・キャンペーン期間:米国中部標準時2016/6/30まで
・1マイルあたり購入単価:1.69円〜3.13円
・購入上限:ベースマイル+ボーナスマイルあわせて25万マイルまで
・年間購入上限:20万マイル
・購入手続き完了後即時残高に反映

バイマイルキャンペーンページ

 

購入マイル数に応じたマイル購入単価の試算表

 

Mile Chart 1

今回のキャンペーンでは、購入マイル数に応じ、合計7段階のボーナスマイルが設定されています。このボーナスマイルが一段上がる閾値の直後で購入するのが、最もマイル単価を安くする購入法です。しかし、半端なマイルが余ってしまっても困ります。ご自身のマイル残高と照らし合わせ、どれだけ購入するのが最適なのか、よく計算する必要があるでしょう。

なお、使い勝手の良いマイル数(2万、6万、8万、10万、12万、16万マイル)を購入した場合の価格とマイル単価は下の図の通りです。付与されるボーナスマイルの関係上、若干端数がでてしまっています。

Mile Chart 2

 

今回のキャンペーンで購入したマイルの活用例

ワンワールド系航空会社の特典航空券を発券する際、短距離でもっともおトクになるのはBritish Airways Executile Clubです。一方中距離以上だとAAdvantageの方が、値頃感のある設定になっています。

Asia Region 1(日本・韓国)からの必要マイル数(片道)

AAdvantage_AwardChart

 

①日本=東南アジア往復(片道ファーストクラス/片道ビジネスクラス)

JL-F

AAdvantageでは、日本からAsia Region 2相互間での利用が割安です。ビジネスクラス利用の場合は片道3万マイル、ファーストクラス利用の場合は片道4万マイルとなります。このように、往路復路でクラスを変えた場合は往復7万マイルで発券可能です。

ルーティング例:
成田→ジャカルタ:JAL ファーストクラス
ジャカルタ→シンガポール:別手配
シンガポール→クアラルンプール:マレーシア航空ビジネスクラス
クアラルンプール→北京:マレーシア航空ビジネスクラス
北京→名古屋:エティハド航空ビジネスクラス
名古屋→羽田:JAL国内線

東南アジア内往復の旅程ではありますが、往路はJALご自慢の長距離機材ファーストクラスを堪能。復路はマレーシア航空のA330新ビジネスクラスに、ワンワールドユーザーとしてはあまり乗る機会のない、エティハドの以遠権便をくっつけて帰ってくるという旅程です。

往復ファーストにしてもよいのですが、アジア内ではそもそもの設定が少ないですし、ジャカルタ→成田便は夜行ですので、ファーストに乗っても寝ているだけであまり意味がありませんね。AAdvantageならではのミックスクラス旅程にするのが良いと思います。

なお、途中降機ができないので、乗り継ぎ地では24時間以内の乗換が必要となります。

全ての必要マイルを今回のキャンペーンで購入したとすると、マイル購入にかかる金額はUSD1460.25。日本円換算で15万円程度です。燃油サーチャージはかかりませんので、これに諸税が乗っかったとしても、コミコミ16万円には収まるでしょう。私も以前ほぼ同じような旅程を飛びましたが、この時は成田=ジャカルタ間はファーストクラス貸切状態でした。週末のちょっと贅沢なお遊びとしては悪くないでしょう笑

②日本=中東往復 ファーストクラス

CX-F

EY-F

若干改悪されてしまいましたが、まだまだ値頃感あるのが中近東行きの特典です。ビジネスクラス往復8万マイル、ファーストクラス往復10万マイルで発券が可能です。

ルーティング例:
羽田→香港:キャセイパシフィック航空 B747/777
香港→バンコク:キャセイパシフィック航空 B747/777
バンコク→ドーハ:カタール航空 A380-800
ドーハ→ドバイ:カタール航空 ビジネスクラス
ドバイ→アブダビ:エティハド航空 ビジネスクラス
アブダビ→シンガポール:エティハド航空 B787-9
シンガポール→香港:キャセイパシフィック航空 ビジネスクラス
香港→羽田:キャセイパシフィック航空 B747/777

キャセイパシフィック航空と中東系航空会社のエース機材を楽しめるルーティングです。セクター数が多くてしんどそうですが、随所に24時間近いレイオーバーを入れ込めれば、のんびり飛べるでしょう。

マイル購入コストは、本キャンペーン利用時でUSD2017.80。日本円で21万円ちょっとといった感じです。ファーストクラスで飛びまくって、この費用感なら悪くないでしょう!

 

AAdvantage特典航空券発券の方法

上記で示したルーティングはオンラインで発券できません。AAdvantageのカスタマーサービスに電話して予約の作成・発券をする必要があります

なお、ご承知のとおり各便の特典航空券向け空席枠は多くありません。事前に各社のWEBサイトで特典枠の空きを確認し、自身でルート&利用便を固めてから電話をすることをオススメします。

 

まとめ

以上、アメリカン航空 AAdvantageのバイマイルキャンペーンに関する記事でした。他にもまだまだお値打ちな発券ができると思いますので、ご興味のある方は色々と調べてみると良いでしょう。

なお、この手のバイマイルは購入後即使用するのが鉄則です。航空会社の提供するアワードチャートはショート・ノーティスで変更されることがありますので、購入したマイルをアカウントに積みっぱなしにするのは非常に危険です。

特にアメリカン航空はUSエアウェイズとの合併プロセスでFFP制度をいじっている最中ですので、突発的な変更が生じる場合があります。この手の変更は消費者にとってメリット不在なことが殆どです。

自分で空席を確認し、いいルートが組めそうだったらバイマイルを行い、速攻発券する!という方法での活用を推奨です!




-American Airlines, Cathay Pacific (CX), Malaysia Airlines (MH)
-, , , , ,