元Marcoflyerはどこへ行く

これからはBA Executive Clubで旅を楽しみます!

「 British Airways Executive Club 」 一覧

【こちらも560TP獲得可能】ジャカルタ発札幌行き キャセイパシフィック航空ビジネスクラス航空券

以前は値頃感皆無だった、キャセイパシフィック航空のインドネシア発券。久しぶりにチェックしてみたところ、運賃水準が若干切り下がったうえ、以前は別枠で運賃が設定されていた札幌千歳行きが東京・大阪・名古屋等と同運賃になっていました。

先日の記事で取り上げたスリランカ航空のドバイ往復航空券同様、ジャカルタから香港経由で札幌を往復すると、British Airways Executive Clubのティアポイントが560TP獲得可能。日本在住のBAEC会員には、こちらの方が使いやすいかもしれません。

【空飛ぶ蟹工船状態?】続発する British Airways ”Mixed Fleet” クルーによるストライキ

運航乗務員・客室乗務員のストライキは欧州系航空会社のお家芸ですが、ここ最近は英国の翼 British Airways でもストライキ(未遂を含む)が増加中。この背景にあるのは、従来の客室乗務員よりもお粗末な待遇下で勤務を強いられている "Mixed Fleet" と呼ばれるクルーと会社との間で発生している労使紛争です。

British Airways バンコク→パリ→東京行き航空券を発券してみた

前回の記事でご紹介したBAのバンコク発欧州経由東京行き航空券。実際に予約記録を作り発券することができました。最後の最後でエラーを吐いて弾かれるようなことがなくて良かった良かった!

バンコクから東京にヨーロッパ経由で飛ぶ!British Airwaysのオープンジョールートを研究

先日記事にしたBritish Airways Executive Club のトリプルアビオスキャンペーン。バンコクから欧州を単純往復するのでも良いのですが、せっかくならば日本への一時帰国に絡めることができないかとあれこれ調べていました。

そんな中、バンコクから欧州経由で東京へという変態チックな片道旅程が組めることを発見。エコノミークラス利用ですが、お値段的にもリーズナブルかつBAEC上級会員の方はガッツリAviosも貯まりますので、ご紹介します。

British Airways ”Global Triple Avios Offer” トリプルAviosキャンペーンが帰ってきた!

2017/01~3月末にかけ、ブリティッシュエアウェイズがトリプルAviosキャンペーンを再開しました。昨年秋〜冬にかけ実施され反響が大きかったトリプルAviosキャンペーン、例によってキャンペーン期間中の予約発券&搭乗が必須ですが、うまく活用すればAviosがざっくざっく貯まります。この期間中に欧州にでかける予定のある方は、見逃す手はありません。

【結局いくらなの?】British Airways Executive Club 特典航空券取消時のキャンセルチャージ

巷ではアラスカ航空"Milage Plan"で発券するJAL特典航空券が大ブームですが、今回の記事はブリティッシュエアウェイズのエグゼクティブクラブネタ。同FFPで発券した特典航空券をキャンセルした際にかかる手数料に関し、備忘録がわりにまとめておきます。

【快適なプレミアムエコノミー】ブリティッシュエアウェイズ BA32便 香港→ロンドン A380-800 ワールドトラベラープラス 搭乗記

今回のスペイン旅行の2セクター目は、British AirwaysのA380-800 World Traveler Plus (プレミアムエコノミークラス)で飛ぶ香港→ロンドン。実はBAの長距離便に乗るのはこの時が初めて。期待に胸を膨らませつつ、飛んできました!

【税込み26万円台〜】ソウル発券 日本経由北米行き JALビジネスクラス航空券が安い!

ソウル発券の大御所ともいえる世一旅行社からメールが送られてきました。何やら、JALの日本経由北米行きビジネスクラスでプロモーションをやっている模様。往復日本で途中降機できるようですし、これはとても安い!

悲報!特典航空券発券時のAvios追加購入が大幅値上げに。

British Airways Executive Clubには特典航空券発券時、必要Avios数の50%程度を目処に、割安な単価でAviosを追加購入できる仕組みがあります。先の日程の特典航空券を検索していたところ、この単価が突如大きく値上がりしていることに気づきました。

【ティアポイント大幅減】アメリカン航空国内線ファーストクラス(2クラス運航便)のブッキングクラスが変更に

アメリカン航空国内線ファーストクラス(2クラス運航便)のブッキングクラスが変更になるようです。表向きのサービス名は「First Class」で変わらないものの、ブッキングクラス上はビジネスクラス扱いに。
アジア在住者会員にとってはあまり影響の無さそうな変更ではありますが、米国内線ファーストクラスにて「ティアポイント」を荒稼ぎを目論んでいる方は注意が必要です。