元Marcoflyerはどこへ行く

これからはBA Executive Clubで旅を楽しみます!

Hotels Starwood Preferred Guest (SPG)

SPG スターポイントが年間購入上限に達してしまった場合の対処法

2016/11/26

SPG(Starwood Preferred Guest)のスターポイントは、ホテルプログラムの中でも屈指の使い勝手の良いポイントです。このポイントは、ホテルステイ時や提携クレジットカードの利用で貯めるだけでなく、ポイント単価3.5セント(通常時)で購入する事が可能です。

年間に2-3回実施されるキャンペーンは25~35%引きとなるので、この時にまとまったポイントを購入し、冷蔵庫の常備菜的に置いておくのが得策です。しかし、ここで問題になるのが年間の購入ポイント上限。現在のプログラム規約によると、1アカウントあたり30,000ポイントまでしか購入することが出来ません。(以前は年間20,000ポイントまでだった記憶があるのですが、いつの間にか若干引き上げられていました)

エアラインマイルへ移行する使い方だと、年間30,000ポイントじゃ足りないよー!という方も多いと思います。(実際に、「スターポイント 購入 上限」というようなキーワードで当ブログに流れ着いてこられている方も一定数いらっしゃいます)

と、いうことで今回の記事では、スターポイントの年間購入上限を突破するための方法をご紹介します。

Sponsored Link



SPG_PTS - 1

スターポイントの年間購入上限を突破するには?

年間の上限以上のポイントを購入するためには、下記の4ステップを踏む必要があります。

①既存アカウントと同一の住所で新規アカウントを開設する
②上記新規アカウントでポイントが購入できるようになるまで14日以上寝かせる
③新規開設アカウントでスターポイントを任意の数購入する
④アカウント開設から30日以上経過した後、SPGのカスタマーサポートに電話し、アカウント間のポイント移行を依頼する

割引購入キャンペーンが始まってから新規アカウントを開設したのでは、時既に遅しとなるケースが多いかと思います。思い立ったが吉日で、事前に家族のアカウントも開いておくのがよいでしょう。

アカウント間スターポイント移行時の注意事項

TC

T&Cを読むと、登録住所が同一なアカウント間では、ポイントの移行が可能である事が分かります。内容を読む限り、会員相互間の血縁関係は必要なさそうで、同一住所に居住する自然人のアカウント間であれば、自由にポイントが移行できると読み取れます。

ただ、ポイント移行の可否に関しては、スターウッドサイドに裁量権があるとの留保事項がついています。訝しがられて証拠の書類を提出しろと言われても、彼らが日本の住民票システムを理解しているとも思えません。交渉は難航することが予想されます。従って、実態に即した、常識の範囲に収まる数のアカウントを開設するに留めた方が良いでしょう。

アカウント開設時に本人確認がないからといって、ポチとかタマの名前でアカウントを開いたり、死んだ爺さんを蘇らせたりすると、SPGからツッコまれたときに面倒なことになりますので注意が必要です。くれぐれも濫用してはいけませんよー!

 

活用例:SPGポイントの購入でJALマイルを10万マイル獲得する

①同居する家族のアカウントを新規に2アカウント開設
②自分垢30,000+家族垢A30,000+家族垢B20,000 ポイントを購入
③家族垢A&Bのポイントを自分垢に全て移行
④合計90,000ポイントとなった自分垢の残高を20,000ポイント×4回+10,000ポイントと分けてJALマイレージバンクに移行*
⑤移行ボーナスを含めて、100,000マイル分のJALマイルを獲得

現在実施中のキャンペーンにのっかって購入すれば、ポイント単価は2.3セント。合計80,000ポイント購入したとしても、USD1,840です。

*)なお、SPG→エアラインマイルの移行には、一日79,999ポイントまでという制限があります。今回の事例の場合は、2日に分けて移行する必要があります。(ちっぴーさん、ご指摘ありがとうございました!)

JMBマイル100,000マイル分の使いみちは色々とありますが、実質的な還元率の高い方法としては、エミレーツのビジネスクラス特典の利用が考えられます。

EK1 EK2

成田発ドバイ経由欧州、アフリカ各都市へのビジネスクラス往復特典航空券が、ちょうど100,000マイル+諸税で発券可能です。マイル制の特典ですので、必ずしも往復旅程に拘る必要はありません。

エミレーツのビジネスクラスは以前と比較して安売りキャンペーンが減っています。6月の適当な日程でロンドン往復の運賃を検索すると、運賃本体部分だけでUSD換算4,000以上の料金になります。空席のある日程が限られているという制約はありますが、この旅程がUSD1,840で購入できるのであれば、かなりバリューだと言えましょう!

まとめ

SPGのポイントは使い勝手が良く、年間購入上限も比較的簡単に回避することが可能です。しかしながら、年間購入上限に関しては、買いたくなったときに動くのでは手遅れな事が多いです。時間に余裕のあるときに、適当な形でアカウントを複数開設しておくことをオススメします!




-Hotels, Starwood Preferred Guest (SPG)
-, , ,